>>   >> 

セーリングW杯 江の島開催に向け会見

制作: tvk報道部

世界のトップアスリートが集結するセーリングのワールドカップが来年から3年間、藤沢市の江の島で開かれるのを前に、選手や関係自治体のトップが思いを語りました。

国際セーリング連盟主催の「セーリングワールドカップシリーズ」は世界を転戦しながら年間チャンピオンを決める最高峰の大会で、アジアでは愛知県蒲郡市で先月、初めて開かれました。14日の記者会見には、大会実行委員会に名を連ねている黒岩知事と日本セーリング連盟の河野会長をはじめ、藤沢市の鈴木市長や葉山町の山梨町長らが出席。先月のワールドカップで銀メダルを獲得した日本の選手らは東京オリンピックでも競技会場となる江の島への思いを語りました。東京オリンピックの前哨戦にも位置づけられる江の島でのワールドカップは来年9月9日から始まります。

最新の動画

  • 清光社バナー
  • 馬車道商店街バナー
  • facebook
  • tiwtter
  • 映像を投稿しよう!
  • 毎日希望奨学金への寄付(毎日新聞東京社会事業団)
  • 毎日新聞購読のお願い
  • クラシック・ヨコハマ2017