>>   >> 

関東一早い梅の初もぎ

制作: tvk報道部

小田原の名産である梅が収穫の時期を迎え、16日初もぎが行われました。

小田原の梅はかながわのブランド農産物に指定されていて、横浜や東京の市場にも出荷されています。16日は市内にある瑞雲寺で、小田原市梅研究会の会員らにより関東で一番早い梅の初もぎが行われ、主に梅酒に使われる白加賀の実が収穫されました。白加賀の他にも、南高梅や新品種である十郎小町梅も栽培していて、収穫作業は6月下旬まで続くということです。梅研究会によりますと、ことしは花が咲く期間が短くその分、実に栄養がまわり、また実をつける時期の天候にも恵まれて、大玉で品質の良い実ができているということです。小田原の梅は今月18日から本格的な出荷が始まります。

最新の動画

  • 清光社バナー
  • 馬車道商店街バナー
  • facebook
  • tiwtter
  • 映像を投稿しよう!
  • 毎日希望奨学金への寄付(毎日新聞東京社会事業団)
  • 毎日新聞購読のお願い
  • クラシック・ヨコハマ2017