>>   >> 

川崎鶴見臨港バス 元副所長が売上金約5400万円を着服

制作: tvk報道部

川崎鶴見臨港バスは元副所長の男性が5400万円に上る売上金を着服していたことを明らかにしました。

売上金およそ5400万円を着服していたのは川崎鶴見臨港バス、鶴見営業所の副所長だった59歳の男性です。川崎鶴見臨港バスによりますと元副所長は2010年2月からことし6月までの8年4カ月に渡って鶴見営業所で運賃の精算が多く行われる午後7時半頃、バス運賃の精算室へ忍び込み着服を繰り返していたということです。その際に用いていたのがこちらの調理用の網。精算機の点検口へこの網を突っ込み精算中の硬貨をすくう手口で一度に盗んだ金額は平均6万円ほど、着服した金は国内旅行の費用や、貴金属の購入にあてていたということです。川崎鶴見臨港バスは元副所長を今月6日に懲戒解雇した上で、鶴見警察署に窃盗の容疑で被害届を提出し10日受理されました。

最新の動画

  • 清光社バナー
  • 馬車道商店街バナー
  • facebook
  • tiwtter
  • 映像を投稿しよう!
  • 毎日希望奨学金への寄付(毎日新聞東京社会事業団)
  • 毎日新聞購読のお願い
  • クラシック・ヨコハマ2017