>>   >> 

中国人姉妹殺害 知人の男(40)に死刑求刑

制作: tvk報道部

去年7月、横浜市中区に住む中国籍の姉妹を殺害し、遺体を秦野市内に遺棄したなどの罪に問われている知人の男の裁判員裁判で、検察側は「更生の可能性はない」として男に死刑を求刑しました。

この裁判は去年7月、横浜市中区に住む中国籍の陳宝蘭さんと妹の陳宝珍さんの首を圧迫して殺害し、2人の遺体をスーツケースに入れて秦野市内の山林に遺棄したなどとして、2人の知人で無職の岩嵜竜也被告が殺人や死体遺棄などの罪に問われているものです。これまでの裁判で岩嵜被告は起訴内容を否認して無罪を主張しています。11日の裁判で検察側は、「事件前後、姉妹の自宅に出入りしていたのは被告人のみで、付着していた指紋からも犯行は被告人によることが明らか」とした上で、「荒唐無稽な嘘をつき、若い2人の命を奪ったことへの反省はない。姉妹を1人ずつ殺害する計画的な犯行で更生の可能性はない」として、岩嵜被告に死刑を求刑しました。手を小刻みに震わせ、うつむいて死刑求刑を聞いていた岩嵜被告。裁判長から最後に言いたいことはあるかと問われると、「私はやっていません」と声を震わせ、無罪を訴えました。判決は今月20日に言い渡される予定です。

最新の動画

  • 清光社バナー
  • 馬車道商店街バナー
  • facebook
  • tiwtter
  • 映像を投稿しよう!
  • 毎日希望奨学金への寄付(毎日新聞東京社会事業団)
  • 毎日新聞購読のお願い
  • クラシック・ヨコハマ2017