>>   >> 

三浦産キャベツで育てたムラサキウニ試食会

制作: tvk報道部

三浦半島特産のキャベツを餌にして養殖したムラサキウニを試食するイベントが三浦市で開かれました。

通称「キャベツウニ」は、三浦半島特産のキャベツを与えることで身が大きくなり、天然ものに比べて磯臭さが少ないのが特徴です。 「磯焼け」と言われる海水温の上昇や食害などで海藻類が消失する現象の影響で、アワビやサザエが減る一方、雑食性のウニは増えて駆除の対象となっていました。 地元のマグロ問屋、三崎恵水産は、資源を有効に活用して新たな特産を作ろうと県水産技術センターなどと協力して、昨年度から養殖を始めたということです。 三崎恵水産では、試食会の反響をもとに今後の計画を立てるということです。

最新の動画

  • 清光社バナー
  • 馬車道商店街バナー
  • facebook
  • tiwtter
  • 映像を投稿しよう!
  • 毎日希望奨学金への寄付(毎日新聞東京社会事業団)
  • 毎日新聞購読のお願い
  • クラシック・ヨコハマ2017