>>   >> 

元日用に4万躰 川崎大師で護摩札づくりが最盛期

制作: tvk報道部

12月に入り県内各地で年始に向けた準備が始まっています。川崎市の川崎大師では厄除けの札、護摩札づくりが最盛期を迎えています。

厄除けの寺で知られる川崎大師では、「元旦修行」と書かれた護摩札がずらりと並びます。これは1月1日用で、およそ4万躰を準備しています。例年、節分の後から準備をはじめ、今がまさに仕上げの時期です。木の香りに包まれた部屋では、僧侶がもみの木のお札とお守りをあわせて水引で結んでいきます。例年多くの人が厄除けや家内安全などの祈願に使うため、思いを込めて一つ一つ作業を進めていました。川崎大師の初詣は3が日で例年通り300万人の参拝を見込んでいます。

最新の動画

  • 清光社バナー
  • 馬車道商店街バナー
  • facebook
  • tiwtter
  • 映像を投稿しよう!
  • 毎日希望奨学金への寄付(毎日新聞東京社会事業団)
  • 毎日新聞購読のお願い
  • クラシック・ヨコハマ2018