>>   >> 

妻とみられる遺体放置か 76歳男を逮捕

制作: tvk報道部

相模原市南区の自宅に妻とみられる女性の遺体を放置したとして11日、76歳の男が逮捕されました。

死体遺棄の疑いで逮捕されたのは相模原市南区古淵の自称無職、中尾隆容疑者(76)です。 県警によりますと中尾容疑者はことし5月から10日までの間に自宅のリビングに69歳の妻とみられる女性の遺体を放置した疑いが持たれています。 10日正午ごろ、近所に住む妻の知人女性ら3人が、妻を見かけなくなったことを不審に思い、窓から室内を確認したところリビングで仰向けに倒れている遺体を発見し、119番通報したということです。 その日の夜に帰宅した中尾容疑者から県警が話を聞いたところ、「妻は出かけていて知らない」などと話し、逮捕後の調べに対しては「何も言うことはない」と容疑を否認しているということです。 この家には中尾容疑者と妻の2人暮らしで、遺体は腐敗が進んでいて死後約1カ月が経過しているとみられますが、目立った外傷はないということです。 県警では遺体の身元の確認を急ぐとともに、女性が死亡した経緯を詳しく調べています。

最新の動画

  • 清光社バナー
  • 馬車道商店街バナー
  • facebook
  • tiwtter
  • 映像を投稿しよう!
  • 毎日希望奨学金への寄付(毎日新聞東京社会事業団)
  • 毎日新聞購読のお願い
  • クラシック・ヨコハマ2018