>>   >> 

【独自】横浜IRのコンセプト公募 大手6社が名乗り

制作: tvk報道部

カジノを含む統合型リゾート=IRの誘致をめぐって、横浜市が行っている事業コンセプトの募集に対し、これまでに大手6社のIR事業者が参加登録したことが分かりました。

IRの誘致を表明している横浜市は現在、IRの事業コンセプトや運営計画、ギャンブル依存症の対策などについて、民間事業者から具体的な提案を募集しています。

先月30日に提案への参加登録を締め切ったところ、IRを運営する「オペレーター」として、アメリカや香港などの大手6社のIR事業者が正式に参加登録したことが複数の関係者への取材で分かりました。 市は年内に提案をまとめるよう求めていて、年明けにはそれぞれの事業者との面談などを行う方針です。

一方で今回の提案の募集については、市の構想をまとめる「実施方針」の参考にするもので、正式な選考ではないとしています。

 

関係者によりますと今回名乗りを上げたのは、

●ラスベガス・サンズ●ウィン・リゾーツ●ギャラクシーエンターテインメント●メルコリゾーツ&エンターテインメント●ゲンティン・シンガポール●セガサミー

以上の6社とみられます。

一方で横浜への参入を明言している社もあれば、まだ大阪などと並行して検討している社もあります。

最新の動画

  • 清光社バナー
  • 馬車道商店街バナー
  • facebook
  • tiwtter
  • 映像を投稿しよう!
  • 毎日希望奨学金への寄付(毎日新聞東京社会事業団)
  • 毎日新聞購読のお願い
  • クラシック・ヨコハマ2018