>>   >> 

集団感染の客船 一部高齢者が下船

制作: tvk報道部

新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」で、検査で陰性だった80歳以上の高齢者の一部が下船しました。

これまでに218人の感染が確認されている、クルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」。残る乗客乗員およそ3400人のうち、検査で陰性が確認された80歳以上の希望者の下船が14日から始まりました。80歳以上の乗客はおよそ200人いて、今回対象となったのはそのうち持病がある人や、窓がないか窓を開けられない部屋に滞在する人たちです。

大黒ふ頭では午後2時過ぎから、5台のバスが順次出発しました。乗客によりますと下船したのは11人とみられ、潜伏期間が終わるまで、政府が用意した埼玉県和光市の「税務大学校」に宿泊することとなっています。また、国内で感染した人の中から初めて亡くなった人も確認されています。

厚生労働省や県によりますと、死亡したのは県内に住む80代の女性です。女性は先月22日にけん怠感を覚え、28日には近くの医療機関を受診。経過観察後、肺炎の診断を受けて別の医療機関に入院しました。今月6日にはさらに別の医療機関へ転院していましたが、13日死亡し、その後、前日に実施していた新型コロナウイルスの検査結果で陽性が確認されたということです。女性に渡航歴はなく、また関係者によりますと都内で感染が確認されたタクシー運転手の義理の母親ということで、県や厚労省が感染経路などの確認を進めています。

最新の動画

  • 清光社バナー
  • 馬車道商店街バナー
  • facebook
  • tiwtter
  • 映像を投稿しよう!
  • 毎日希望奨学金への寄付(毎日新聞東京社会事業団)
  • 毎日新聞購読のお願い
  • クラシック・ヨコハマ2018