>>   >> 

相模原市 新型コロナ「危機対策本部」設置

制作: tvk報道部

相模原市は県内で新型コロナウイルスによる死者が出たことなどを受け、本村市長を本部長とする「危機対策本部」を設置しました。これは、市の体制として設けている危機レベルとしては最も高い「レベル3」にあたり、レベル3を発令するのは相模原市では初めてのことだということです。

14日午後には第1回の対策本部会議が非公開で開かれ、市の内部の連携や国や県との情報共有を強化することを確認したということです。

最新の動画

  • 清光社バナー
  • 馬車道商店街バナー
  • facebook
  • tiwtter
  • 映像を投稿しよう!
  • 毎日希望奨学金への寄付(毎日新聞東京社会事業団)
  • 毎日新聞購読のお願い
  • クラシック・ヨコハマ2018