>>   >> 

参院選の期日前投票始まる 神奈川県内は169会場

制作: tvk報道部

22日公示され、神奈川選挙区では過去最多22人が立候補した参院選の期日前投票が、23日から県内各所で始まりました。

期日前投票は6月23日から7月9日まで、神奈川県内の役所や役場をはじめとする公共施設のほか、商業施設などあわせて169カ所で行うことができます。

県の選挙管理委員会によりますと、前回2019年の参院選では、県内の投票総数およそ372万票のうち、3割近くにあたる109万票ほどが期日前投票でした。

横浜市中区の会場でも23日午前8時半から受け付けが始まり、早速投票に訪れる人がいました。

横浜市中区選挙管理委員会・森愛選挙係長
「『投票のご案内』がなくても投票でき、本人確認書類がなくてもこちらにお越しいただいて、本人確認をして投票ができるので、ぜひご利用いただければ」

参院選は7月10日に投開票され、神奈川選挙区では補欠選挙が同時に行われる「合併選挙」であわせて5人が当選します。

最新の動画

  • 清光社バナー
  • 馬車道商店街バナー
  • facebook
  • tiwtter
  • 映像を投稿しよう!
  • 毎日広告社
  • 毎日希望奨学金への寄付(毎日新聞東京社会事業団)
  • 毎日新聞購読のお願い