>>   >> 

小惑星リュウグウのサンプルから「液体の水」見つかる

制作: tvk報道部

東北大学などのチームは、探査機はやぶさ2が小惑星「リュウグウ」で採取したサンプルから塩や有機物を含む液体の水が発見されたと発表しました。


論文を発表した東北大学やJAXAなどの研究チームによりますと、採取した石のサンプルを凍らせて特殊な方法で解析したところ、結晶に閉じ込められたごくわずかな液体の水が見つかったということです。

これまで液体の水については、地球上で見つかった隕石の中からは確認されていましたが、宇宙で採取した物質から発見されたのは世界で初めてだということです。

成分としては炭酸水で塩や有機物が混ざっていて、サンプル表面の形状などを踏まえると、リュウグウの元となった天体の地下内部には、地球の海に似た環境が存在していたと考えられるということです。

チームリーダー東北大学・大学院理学研究科(地学専攻)中村智樹教授
「確認された水には、塩や有機物が含まれていたというわけで、例えば地球の海の起源や有機物の起源に直接かかわる証拠を今回発見できた」

またサンプルからは、リュウグウの元となった天体が太陽系の外側で形成された痕跡が見つかった一方、太陽の近くの1000℃以上の環境でできる粒子も発見されました。

こうしたことなどから、かつて太陽の近くでできた粒子がはるか遠く離れた太陽系の外側まで移動し、他の物質と大規模に混合して、リュウグウの元となった天体が誕生したと考えられるということです。

さらに、その天体がその後地球と火星の間にあたる現在の位置まで移動し、別の天体と衝突して分裂するなど、現在のリュウグウができるまでの一連の歴史を解き明かすための根拠が見つかったとしています。

最新の動画

  • 清光社バナー
  • 馬車道商店街バナー
  • facebook
  • tiwtter
  • 映像を投稿しよう!
  • 毎日広告社
  • 毎日希望奨学金への寄付(毎日新聞東京社会事業団)
  • 毎日新聞購読のお願い