>>   >> 

神奈川で163人感染 重症病床が基準値超に

制作: tvk報道部

新型コロナウイルスについて22日、県内で新たに163人の感染が確認され、川崎市では1人が死亡しました。

感染が確認されたのは、横浜市で96人、川崎市で32人など、県内で合計163人でした。 このうち感染経路が特定できていないのは95人とみられ、川崎市高津区の30代の女性が重症です。 また、川崎市多摩区に住む80代女性の死亡が確認されました。

県のデータによりますと、県内では21日までの1週間で、新規感染者数が平均およそ163人、感染経路不明率が53.68パーセント。 医療のひっ迫具合を示す病床の利用率は、20日時点で重症病床が22パーセントと、政府分科会などが示す「ステージ3」に移行する基準値を、重症病床で初めて超えました。

 

一方でこの3連休、観光地・横浜はー。

観光客「人めっちゃ多いなって感じです。食べたらすぐマスク、しかないよね」「マスクと消毒を持ち歩いています。食べ歩きのときとかは、人が通るときにしたり、気をつけています」

連休初日の21日、横浜市の元町・中華街エリアなどは、多くの観光客でにぎわいました。 携帯電話の位置情報を分析するAgoop社によりますと、このエリアの21日の人出は、去年の同じ時期に比べ3割ほど減少。 一方で箱根湯本では、4割以上増加しています。

最新の動画

  • 清光社バナー
  • 馬車道商店街バナー
  • facebook
  • tiwtter
  • 映像を投稿しよう!
  • 毎日希望奨学金への寄付(毎日新聞東京社会事業団)
  • 毎日新聞購読のお願い
  • クラシック・ヨコハマ2018