>>   >> 

衆院選 共産党は神奈川2区と13区で立民候補に1本化

制作: tvk報道部

10月31日に投開票が行われる衆議院選挙で野党共闘の動きです。共産党県委員会は13日、2区と13区の擁立を取り下げ立憲民主党の候補者に1本化すると発表しました。

共産党県委員会はこれまで7人の候補者を発表していましたが、与党と対決する構図をつくるため、立憲民主党との間で競合する選挙区で候補者一本化に向けて調整を進めていたということです。
その結果、菅前総理大臣の選挙区である2区と自民党の甘利幹事長の13区について共産党の候補者を取り下げ立憲民主党の候補者に一本化することを決めたということです。

一方、共産党の現職がいる10区については立憲民主は候補者を立てないということです。

共産党県委員会・田母神委員長
「2人取り下げることで、制約がうまれることは間違いないが、政権交代を実現するんだという共産党としての本気度を示す必要がある」

一方、3区と9区・17区では共産党は公認候補を擁立、競合する選挙区が残るかたちとなっています。

最新の動画

  • 清光社バナー
  • 馬車道商店街バナー
  • facebook
  • tiwtter
  • 映像を投稿しよう!
  • 毎日広告社
  • 毎日希望奨学金への寄付(毎日新聞東京社会事業団)
  • 毎日新聞購読のお願い