>>   >> 

コツメカワウソの赤ちゃん 横浜・八景島シーパラダイス

制作: tvk報道部

横浜・八景島シーパラダイスでは、去年の2月に続きコツメカワウソの赤ちゃんが誕生し、15日の一般公開を前に報道陣に公開されました。


園児たち
「食べてる、食べてる!」

去年10月に生まれたコツメカワウソの赤ちゃんはなんと五つ子。
お父さんのレラキとお母さんのムーアにとっては去年の2月に続き2度目の出産です。

コツメカワウソはインドや中国などに生息し、カワウソの中で最も小さく指先に小さな爪があるのが特徴。
生後2カ月半になる赤ちゃんたちは、体長およそ20センチ、体重は500グラムほどだということですが、もうすぐ1歳になるお姉さんのハピアと一緒に仲良くごはんを食べて、すくすく成長しています。

飼育員・新井さん
「親とか姉個体が子どもたちにごはんを分け与えたりする姿というのも見られると思いますので、そういった親子ならではのシーンを見てもらえればと思います」

コツメカワウソの赤ちゃんは、15日から1日3回見ることができるということです。

最新の動画

  • 清光社バナー
  • 馬車道商店街バナー
  • facebook
  • tiwtter
  • 映像を投稿しよう!
  • 毎日広告社
  • 毎日希望奨学金への寄付(毎日新聞東京社会事業団)
  • 毎日新聞購読のお願い