>>   >> 

神奈川県が軽症者らの療養体制見直し検討 医療機関の受診不要も

制作: tvk報道部

無料のPCR検査などで陽性が分かった軽症の患者などについて、神奈川県が医療機関の受診なしでも自宅や宿泊施設での療養を開始させる体制を検討していることが分かりました。



方針は14日の県感染症対策協議会で示されたもので、オミクロン株感染拡大による医療ひっ迫への対策としています。

現在も県ではLINEを活用するなど療養者の管理を簡略化してきましたが、感染を行政が把握する届出は医療機関が行うことを前提としていて、業務ひっ迫の一因となっています。


検討案では、無料のPCR検査などで陽性が分かった無症状・軽症の患者は、医療機関を受診せずに療養を始めることが可能で、療養中の管理もウェブ上で行うことが中心となります。


この案の導入について、県は慎重に検討を進めたいとしています。


黒岩知事
「ある程度ダイナミックに発想の大転換が必要なときに来ていると、改めて思った。緊急回避的な対応というところも想定することも非常に重要だと思っている」


一方、黒岩知事はまん延防止措置などの要請について「ただちにきょう要請することはない」と述べたうえで、「一都三県で足並みをそろえる必要がある」とし、状況を注視したいとしています。

最新の動画

  • 清光社バナー
  • 馬車道商店街バナー
  • facebook
  • tiwtter
  • 映像を投稿しよう!
  • 毎日広告社
  • 毎日希望奨学金への寄付(毎日新聞東京社会事業団)
  • 毎日新聞購読のお願い