>> 

神奈川県では、文化芸術の魅力で人をひきつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー、略して「マグカル」の取組を推進しています。
その取組の一環として、「地劇※(地元の伝説や民話などを題材に盛り込んだ、地域色豊かな劇)ミュージカル」の公演を支援するため、公開コンペを開催します。
このコンペは、市民ミュージカル団体等に発表の場と他団体との交流の場、そして専門家のアドバイスを受ける場を提供することによる、ミュージカル人材の育成を目的としています。
また、題材に地元の伝説等を用いることで、演じる人々や鑑賞する人々に、地域の歴史を学ぶきっかけを作り、地域への愛着を育て、地域の活性化に繋げます。
さらに、これを一般に公開することにより、県民の文化芸術の「鑑賞機会」や「参加機会」の充実を図ります。

※各地の歴史・伝統・文化に根差した地域発の演劇を意味する「地劇」は、マーケティングコンサルタントの西川りゅうじん氏による造語です。
開催日
2019年3月17日(日)
時間
14時00分~
会場
神奈川県立青少年センター(神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘9-1)
申込
tvkチケットカウンター TEL:045-663-9999
(平日10:00~15:00)

出演団体

(1)演劇ユニット メルシーライオン(横須賀市)

演劇ユニット メルシーライオン(横須賀市)2015年に発足しました。横須賀で活動しているユニット劇団です。年に1度、5月のゴールデンウイークに、横須賀市立青少年会館にて定期公演を行っています。参加者はその都度募集して上演しています。 古典戯曲をベースに作品を選び、オリジナル楽曲、生演奏や生の効果音を用いた公演を行っております。

(2)東海道区民ミュージカルユニット(横浜市)

東海道区民ミュージカルユニット(横浜市) 2015年に 劇団ひこばえ と 神奈川区民ミュージカル実行委員会 を1つにした福祉教育団体です。会員制ではなく、その都度参加者を集めて、ミュージカルを参加者全員で制作する団体です。固定の稽古場は無く、地域の地区センターや地域ケアプラザなどを活用して稽古しています。プロの専門の先生や学校の先生が講師陣(スタッフ)です。お気軽に参加下さい。

(3)横浜市民ミュージカル(横浜市)

横浜市民ミュージカル
“ドラマの眠る街 横浜”をキャッチフレーズにオリジナルミュージカルを上演し続け、今年で13回目を迎えた横浜市民ミュージカルです。今年は公募にて老若男女82名の出演者が集まり1月27日に『空飛ぶ絵師の贈り物』を上演。本コンペは、そのダイジェスト版です。 横浜浮世絵の第一人者“空飛ぶ絵師”と呼ばれた五雲亭貞秀。時は現代の浮世絵展。佐久間は貞秀の絵『横浜新開港図』に心を奪われる。「生きること」の大切さをテーマにした物語です。

審査員

1)横内謙介 劇作家・演出家、劇団「扉座」主宰

横内謙介

2)田窪桜子 演劇ジャーナリスト・演劇プロデューサー

田窪桜子

3)森下真樹 振付家・ダンサー、森下スタンド主宰

森下真樹

出演を予定していました、熊本マリ氏(ピアニスト・神奈川県マグカル大使)は、健康上の理由で出演できなくなりました。新しい審査員は、決まり次第発表します。

神奈川県地劇ミュージカル公開コンペ 2019年3月17日(日)14:00〜17:00


昨年の様子


1時間先の未来を見ることのできるダイヤを持つ二十面相。 過去の見れるダ...

横浜にそびえる3塔。キング・クイーン・ジャック。この3つの塔を同時に見...

その日私は命を謳歌するかの如く、力いっぱい鳴く蝉の声に包まれ、同時に風...

  • 清光社バナー
  • 馬車道商店街バナー
  • facebook
  • tiwtter
  • 映像を投稿しよう!
  • 毎日希望奨学金への寄付(毎日新聞東京社会事業団)
  • 毎日新聞購読のお願い
  • クラシック・ヨコハマ2018