>>   >> 

Category
2017年10月22日岩間寄席
2018年10月21日岩間寄席
2018年4月1日岩間寄席
2019年5月6日岩間寄席
かるち家寄席

50杯をかけたそばの大食い勝負の秘策は?そばを食う歌助師匠の名人技をご...

2018/10/26

権助さんは憎めない田舎者。旦那のウソのアリバイ作りのために買った魚は。...

2018/10/26

人を褒めるにも上手い下手があります。下手な人間にも褒められても嬉しくな...

2018/10/26

都々逸は俳句や短歌と同じく七・七・七・五の定型詩。頭の柔らかい子供の方...

2018/10/26

宿屋に泊まった一文無しの正体は左甚五郎だった。三井の大黒、ねずみと並ぶ...

2018/10/26

落語で盗人が出てくる噺は間抜けなものが多いですが、この噺はちょっと感動...

2018/10/26

悋気とはやきもちのこと。浮気性の旦那はどちらへ行くのでしょうか? 「千...

2018/10/26

遅刻ギリギリで乗った人力車は、いったいどこまでへ行ってしまうのでしょう...

2018/10/26

叩くと狐が乗り移ると言われる「初音の鼓」。お殿様がつけたその値段は? ...

2018/10/26

お灸も度が過ぎると体に悪い。負けず嫌いもほどほどに。 「千客万来!第3...

2018/10/26

盗人が泣き落としの時に使う常套句「出来心」。こんな使い方もあります。 ...

2018/10/26

お役所仕事を皮肉った噺。ぜんざいを一杯食べるために、何でこんな苦労する...

2018/10/26

今の時期はどこの寄席でも聞くことが秋の定番の一席。帰りにサンマを食べた...

2018/10/26

物の名前にはいろいろな由来がある。やかんの名前の由来は川中島の合戦にあ...

2018/10/26

人の好い店主をだまして、安く大きな瓶を手に入れようとする悪い客。店主も...

2018/10/26

落語の中でも寿限無と並ぶ言い立てまくりの噺。上手く言えたら拍手喝采です...

2018/10/26

"一枚~、二枚~"で有名な怪談「番町皿屋敷」。しかし落語の皿屋敷は笑い...

2018/10/26

東北仙台を舞台にした左甚五郎噺の1つ。鼠の彫り物が宿屋を救うが。。。 ...

2018/10/26

昔は字を書けない人も多かったようで、代書屋に来た男の仕事はポン。 「千...

2018/10/26

歌丸師匠の十八番。むかし「首長鳥」と呼ばれたていた「鶴」の名前の由来は...

2018/10/26

毎日遊んで暮らしている髪結いの亭主。大事なお皿を割った嫁さんにかけた言...

2018/10/26

飲んだくれて帰ってきた亭主。家でも嫁さんにあれこれ注文をつけるが、心の...

2018/10/26

鰻は「串打ち三年、割き五年、焼き一生」と言いますが、素人が鰻を捌くとこ...

2018/10/26

桂歌若師匠の司会による大喜利。口では言えない素晴らしい賞品をゲットする...

2018/10/26

上方落語の代表作。長崎名物の珍味「ちりとてちん」の味は。。。 「千客万...

2018/10/26

鶴の恩返しならぬ狸の恩返し。サイコロに化けた狸を持って賭場へ行ってみた...

2018/10/26

古今亭今輔師匠作、ラーメン屋台をひく老夫婦の人情話。最後は涙がホロリ。...

2018/10/26

  • 清光社バナー
  • 馬車道商店街バナー
  • facebook
  • tiwtter
  • 映像を投稿しよう!
  • 毎日希望奨学金への寄付(毎日新聞東京社会事業団)
  • 毎日新聞購読のお願い
  • クラシック・ヨコハマ2018