>>   >> 

Category
2017年10月22日岩間寄席
2018年10月21日岩間寄席
2018年4月1日岩間寄席
2019年10月5日岩間寄席
2019年5月6日岩間寄席
かるち家寄席

桂歌丸師匠の最初の師匠、古今亭今輔師匠が作った人情噺。 歌助師匠の独演...

2019/11/10

棟梁の軽快な啖呵が見どころの噺。名人が演じた啖呵だけを聞き比べても面白...

2019/11/10

幽霊が絵から出てきたら怖いですが、この幽霊はノリが良くて全然怖くありま...

2019/11/10

「やかん」の語源をご存じですか? 本当は「やかん」の語源は」漢字で書く...

2019/11/10

寒い夜に聞きたくなる噺。 旦那衆も憎めないが、お役人も憎めません。 千...

2019/11/10

聞きかじった知識を披露しようと思って失敗する落語の黄金パターン。 お世...

2019/11/10

みかん1つが千両なら、1房いくらする? 千客万来!第5回 岩間寄席 桂...

2019/11/10

笑点でお馴染みの大喜利を岩間寄席でも。 千客万来!第5回 岩間寄席 桂...

2019/11/10

この噺では狸がお札に化けていましたが、本当にお札に化けたら警「察」につ...

2019/11/10

女房の尻に敷かれることが夫婦円満のコツとはいいますが、この噺に出てくる...

2019/11/10

怠け者で寝坊助でニートの男が始めた仕事が動物園のトラ。 意外と美味しい...

2019/11/10

落語に詳しくなくても名前は知っている人が多い「饅頭怖い」。 私は落語が...

2019/11/10

今も昔も「誰が一番大酒飲みか?」は盛り上がります。 「美」しく「酒」で...

2019/11/10

「聞きかじった知識を誰かに自慢しに行き、逆に言い負かされてしまう黄金パ...

2019/11/10

江戸時代に習い事が流行ったらしいですが、あくびの仕方も教えてくれたらし...

2019/11/10

泥棒の親分と間抜けな子分が鈴ヶ森で追剥を。こんな追剥、怖くない。 千客...

2019/11/10

左甚五郎3部作の最終話。京や江戸だけでなく、奥州・仙台でも左甚五郎は大...

2019/11/10

大岡裁きの一つ。 あっちとこっちがくっ付いたら、こっちとあっちがくっ付...

2019/11/10

代脈とは代わりへ往診に行くこと。 先生の代わりに弟子が下心満載でお嬢さ...

2019/11/10

桂文珍師匠の作の噺。おばあさんの強さ、したたかさが感じられます。 千客...

2019/11/10

嫁さんをもらったはいいが、言葉遣いが丁寧過ぎる。 最低限の丁寧な言葉遣...

2019/11/10

数ある落語の出演者の中でも人気が高い「与太郎」噺の一つ。 与太郎が商売...

2019/11/10

義理堅い子狸の恩返し。 狸の××は八畳敷ですが、子狸は4畳半なんですね...

2019/11/10

落語といえば蕎麦を食べる仕草が有名ですが、蕎麦を題材にした古典落語はこ...

2019/11/10

そそっかしい主人公がドタバタを起こす粗忽者の噺の一つ。昔の長屋は壁が薄...

2019/11/10

前座噺の定番。 小生意気な子供を連れて出かけると、親は苦労します。 千...

2019/11/10

粗暴な兄と妹との人情噺。大名に嫁いだ妹に子供ができたというので、屋敷に...

2019/11/10

桂歌丸師匠の得意ネタのひとつ。歌丸師匠のサゲは「女房を川へドボン」でし...

2019/11/10

落語の定番シチュエーション、知ったかぶりのご隠居と、物を知らない八五郎...

2019/11/10

  • 清光社バナー
  • 馬車道商店街バナー
  • facebook
  • tiwtter
  • 映像を投稿しよう!
  • 毎日希望奨学金への寄付(毎日新聞東京社会事業団)
  • 毎日新聞購読のお願い
  • クラシック・ヨコハマ2018